C無添加化粧品の種類

本来の無添加化粧品とは102種類の旧表示指定成分が無添加の化粧品を意味しますが、現在、各メーカーが独自に無添加化粧品として販売している無添加化粧品にはいくつかのタイプがあります。現在は化粧品の全成分表示が義務付けられていますから、無添加化粧品の無添加の解釈は各メーカーに委ねられている訳です。
従って、ユーザーは、各アイテムの表示成分を確認する必要があると言えます。特に、アトピーや皮膚がデリケートな方の場合は、ネットで表示成分の機能一覧などを参考にしながら化粧品の表示成分を個別に確認してから使用することが求められます。
無添加化粧品の種類としては旧表示指定成分が無添加の化粧品の他に、1つ目としてメーカー自身の基準によって旧指定成分以外の化学成分も無添加にしている化粧品があります。つまり、一般的な無添加化粧品よりも厳しい基準で作られた化粧品と言えます。
2つ目に天然由来成分のみを使用した化粧品です。
3つ目は天然原液を100%使用した化粧品で、その中には天然成分のみを組み合わせた化粧品も含まれます。従って、アトピーや敏感肌で肌への影響が小さい化粧品を探している方は、無添加化粧品の中でも天然由来や天然成分を強調したメーカーの化粧品を選ぶと良いでしょう。いずれにしても表示成分を確認してから購入することが大事です。

注目コンテンツ

banner A旧指定成分を配合していない無添加化粧品とは?

詳細はコチラ

banner B合成界面活性剤が含まれない無添加化粧品

詳細はコチラ

banner C無添加化粧品の種類

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 無添加化粧品を正確に知る. All Rights Reserved.