B合成界面活性剤が含まれない無添加化粧品

無添加化粧品には合成界面活性剤が含まれていないことは前項で触れましたが、普通の化粧品には少なからず合成界面活性剤が含まれています。そこで、界面活性剤と合成界面活性剤について知っておくことも大事です。まず、界面活性剤とは、水と油成分を混ぜ合わせるために使われていた原料を意味します。昔は界面活性剤として石鹸の成分が使われていました。つまり、石鹸の成分を使って水と油成分を混ぜ合わせていた訳です。
その後、化学的に合成された合成界面活性剤が登場します。合成界面活性剤は乳化剤とも呼ばれますが、水分と脂分を混ぜ合わせるために広く使われる様になりました。現在、合成界面活性剤は乳化剤以外に洗浄剤・保湿剤・紫外線分散剤などとしても使われています。
そして、合成界面活性剤は石油由来の合成界面活性剤とアミノ酸やタンパク質・コラーゲンなどの天然由来のものに分けられますが、石油由来の合成界面活性剤に肌に悪影響を与える可能性があることが指摘されています。例えば、浸透剤として使われている石油由来の合成界面活性剤は、角質層の皮膚の脂質を通り抜けて肌の奥に浸透する過程で皮膚機能を壊す恐れがあることが指摘されています。勿論、有効成分を肌の深部に送り届けるために石油由来の合成界面活性剤が使われている訳ですが、肌に悪影響がある場合がありますので要注意と言えます。

注目コンテンツ

banner A旧指定成分を配合していない無添加化粧品とは?

詳細はコチラ

banner B合成界面活性剤が含まれない無添加化粧品

詳細はコチラ

banner C無添加化粧品の種類

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 無添加化粧品を正確に知る. All Rights Reserved.