A旧指定成分を配合していない無添加化粧品とは?

現在は旧指定成分を配合していない化粧品を、一般的には無添加化粧品と呼んでいます。そして、旧指定成分とは、2001年まで厚生省が指定していたアレルギー反応を起こす疑いのある102種類の成分を意味します。つまり、2001年3月までは102種類の成分が含まれていない化粧品を無添加化粧品と呼んでいましたが、2001年4月以降は全成分表示が義務付けられましたから本来は無添加化粧品という呼び方は無くなる筈でした。しかし、現実には旧指定成分である102種類の成分が含まれていない化粧品を無添加化粧品と呼び続けています。
そして、102種類の旧指定成分とは、ごく稀にアレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある成分を意味します。この102種類の旧指定成分とは、防腐殺菌剤や界面活性剤・消炎剤・抗酸化剤・紫外線吸収剤・毛根刺激剤・乳化安定剤・皮脂形成剤・増粘剤・中和剤・保湿剤・香料・ホルモンなどの化学物質を指します。
従って、無添加化粧品にはこれらの102種類の化学物質は含まれていない訳です。そして、現在は化粧品に配合されている全成分の表示が義務付けられていますから、自分が使う化粧品にどんな成分が含まれているかを確認することができます。化粧品に配合されている成分は、配合量が多い順番に表示されています。

注目コンテンツ

banner A旧指定成分を配合していない無添加化粧品とは?

詳細はコチラ

banner B合成界面活性剤が含まれない無添加化粧品

詳細はコチラ

banner C無添加化粧品の種類

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 無添加化粧品を正確に知る. All Rights Reserved.