無添加化粧品を正確に知る

無添加化粧品について誤解している人も多いので、正確に知るためのサイトを目指しました。

@無添加化粧品の無添加の意味

本来の無添加と言う言葉の意味するところは、添加物が入っていない原液100%や成分100%を意味します。しかし、無添加化粧品の無添加と言う言葉の意味するところは、特定の物質が使用されていないということを意味しています。元々、自然界に存在しない化学的に合成された物質には、毒性が有ったり発ガン性が有ったり内分泌を乱したりする副作用があることが懸念されています。そのため、それらの特定の物質が使用されていないという意味で無添加という表示が使われる様になりました。
つまり、無添加とは何も入っていない純粋な物質を意味するのではなくて、特定の物質が使用されていないという意味なのです。従って、無添加だから必ずしも安全性が高いということにはなりません。2001年3月までは、厚生省がアレルギー反応を起こす疑いのある102種類の成分を表示指定成分として定めていました。そして、この102種類の表示指定成分が含まれていない化粧品を無添加化粧品と呼んでいました。現在は化粧品の指定成分という呼び方が無くなり、化粧品に含まれる全ての成分を表示することになっています。しかし、現在は2001年までの無添加化粧品という呼び方のなごりで、旧指定成分を配合していない化粧品を無添加化粧品と呼んでいます。
従って、無添加化粧品とは、タール色素などの人工着色料・人工香料・人工着色料・界面活性剤・石油系界面活性剤が使われていない化粧品を意味します。

注目コンテンツ

banner A旧指定成分を配合していない無添加化粧品とは?

詳細はコチラ

banner B合成界面活性剤が含まれない無添加化粧品

詳細はコチラ

banner C無添加化粧品の種類

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 無添加化粧品を正確に知る. All Rights Reserved.